店長のブログ

2013年5月18日 土曜日

安らぎのホルモン・セロトニン⑤ 〔名古屋 千種区 本山 マッサージ〕

こんにちは、辻本です。

今回は前回からの続きでセロトニン不足の原因を
3タイプに分けて書きたいと思います。

以下に当てはまるの人は、もしかしたら日光不足かも?
①日光を浴びることが少ない
②朝は出かける直前まで寝ている
③昼夜逆転生活になっている


1: 日光不足タイプ

夜遅くまで起きていたり、昼夜逆転生活の生活を送ってはいないでしょうか?
寝覚めが悪くなかなか起きることができず、ギリギリまで寝て
午前中はぼーっとしていることないでしょうか?
そんな人は、セロトニン不足に陥ってる可能性が高いようです。
セロトニンを増やすには「日光」が必要です。
普通の照明の光は物を見るには十分ですが
照度が低いのでセロトニン神経を活性化させるには不十分です。
セロトニン神経は、眠っている間はほとんどセロトニンの分泌をしませんが
朝起きるとセロトニンの分泌を始めます。
このとき、上手にセロトニン神経を活性化させると
スムーズに一日のスタートを切ることができます。
朝のセロトニン神経の活性化は、起床直後から30分までが重要です。
朝起きてすぐ日光を浴びることで、セロトニン神経化を活性させることにより
朝から良いスタートを切ることができるようです。



では、次回はタイプ2の運動不足タイプを書きたいと思います。

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30