店長のブログ

2018年9月 8日 土曜日

おかげさまで10周年

お客様各位

いつも大変お世話になっております。
隠れ家癒し空間 ぬくもりは
平成30年9月9日で10周年を迎えることができます。
誠にありがとうございます。

いつも、お客様に支えて頂き
スタッフに助けられて
家族や友達に応援してもらって
なんとか迎えられた10周年
感謝の言葉しかありません。
ありがとうございます!

11年目を迎えるぬくもりは
初心を忘れることなく
スタッフ一丸となり
技術を磨き
知識を深め
人間性を育み
これまで以上に
皆様に癒しの時間を提供できるように
努力してまいります。

どうぞ、これからも
隠れ家癒し空間 ぬくもりを
よろしくお願いします。

隠れ家癒し空間 ぬくもり
店主 辻本 幸徳
スタッフ一同

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり | 記事URL

2015年1月29日 木曜日

冬の腰痛

こんにちは、店長の辻本です。

今日は冬の腰痛について書きたいと思います。

さて腰痛と言っても、いろんな要因がありますが

今日は冷えから来る腰痛にスポットを当てたいと思います。

冷え・・・外気の寒さ、内臓の冷えなど

そもそも冬は外気が低いので冷えやすいです。

更にお酒やコーヒーを飲んだり

甘い物を食べると凄く内臓が冷えてしまいます。

特に冷えに弱いのが腎臓です。

腎臓はおしっこを作る臓器ですが

場所的には腰の辺りに左右についています。

腎臓が冷えると、腎臓が腫れたり、足がむくんだりします。

そして腎臓が冷えて腫れたりすると、骨盤が歪みやすくなったり

腰痛がでたり、ギックリ腰がでやすくなるとも言われています。

では、どうしたらいいのか?

まずは温めることです!

おすすめの簡単にできそうなことは・・・・

①お風呂にゆっくり入る⇒シャワーでは内臓が温まらない

②内臓を温める物を食べる⇒わかめの味噌汁や黒豆茶やルイボスティー飲む

※補足 茶色のお茶が温めます ほうじ茶・プーアル茶・ルイボスティーなど
※補足 黒い食べ物は腎臓の機能を上げてくれます わかめ・ひじき・黒豆など

③腹巻をする⇒内臓を冷やさないように守る


まずはできそうなことから試してみてくださいね。

もし疑問や質問があれば気軽に声をかけてください!

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり | 記事URL

2013年10月 4日 金曜日

腎臓・尿管結石による腰痛④ 〔名古屋市千種区本山 マッサージ 腰痛 むくみ〕

こんにちは、辻本です。

今回は結石からの僕が経験した症状を書きたいと思います。

①腰痛
結石が尿管で詰まった場合、尿がせきとめられて
腎臓が腫れて酷い腰痛になりました。
かなり腰が痛いので、ギックリやヘルニアを疑ったぐらいです。

②足が重くむくむ
足首に鉄球を付けられてるぐらいの足の重さで
わかりやすく言うと足が前にでない!ぐらい重かったです。

③汗が臭う
仕事中にかく汗もいつもとは違いちょっと病的な臭いでした。
汗のにおいも体調のバロメーターになりますよね。

④腹痛
結石が移動する事で激しい腹痛に見舞われました。
この症状は夜になりやすく、昼間は比較的我慢できました。
深夜が一番腹痛が酷かったのを今でも鮮明に覚えています。

以上が、僕が経験した結石からの症状です。

結石は1度出来ると出来やすくなるみたいで

僕は残念な事に4度繰り返しています(苦笑)

次回は原因と対策について書きたいと思います。

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり | 記事URL

2013年9月27日 金曜日

腎臓・尿管結石による腰痛③ 〔名古屋市千種区本山 マッサージ 腰痛 むくみ〕

こんにちは、辻本です。

さて今回は結石を破砕する編を書いていきます。

僕は左右の腎臓に結石ができ腎臓から尿管に結石が落ちて

左右の尿管で結石が引っかかってしまっていた状態でした。

腎臓の中にある結石なら腎結石

尿管にある場合は尿管結石

と場所によって名前が変わります。

結石は結晶みたいにギザギザしていていかにも

刺さりそうな形状でした。

僕の欠席は見事に尿管を傷つけながら移動して

その結果、血尿と激しい腹痛を引き起こしていました。

結石のサイズが小さければ自然に排出も望めますが

僕はサイズが大かったので体外衝撃波結石破砕術という手術を受けました。

体外の装置によって造られた衝撃波(音波の一種)を結石にむけて集中させて結石を砕き

砂状にして尿と一緒に体外へと排出させる治療法です。

簡単に言うと衝撃波を尿管結石に向けてバシバシ打ち込む感じです。

これにより結石は砕かれ砂状になって尿と一緒に出てきます。

めちゃくちゃ痛くはないですが僕は地味に痛かったです(笑)

手術後は水分を沢山飲んでひたすら排出させる感じです。

そして検査で結石が流れているか確認して終了です。

でてきた結石をみてこんな小さな石に苦しめられていたのか!

と・・・しみじみ思いました。

僕はいまでもその結石を保管してます。

では次回は結石からの症状を書きたいと思います

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり | 記事URL

2013年8月28日 水曜日

腎臓・尿管結石による腰痛② 〔名古屋市千種区本山 マッサージ 腰痛 むくみ〕

こんにちは、辻本です、それでは前回の続きを書いていきます。

夜中に物凄い腹痛と腰痛に悩まされ、一睡もできず

それがかれこれ3日続きました。

4日目の朝方に諦めて、救急車を妻に呼んでもらいました。

救急車で運ばれた僕はすぐに尿検査をしました。

そこでなんと・・・・・血尿がでたのです!

え!?なんで?前検査した時には出なかったじゃん!!

お医者さま「これは結石ですね」

僕「はい・・・・」

とにかく悪い病気ではないとわかり少しホッとしました。

その後、病院の診察時間を待ちましたが

痛みがかなり酷く、看護師さんに待ち時間が耐えられなくて

なんとかならないかお願いしたぐらいです(汗)

診察してもらった結果、僕は左右の腎臓に結石ができて

左右とも腎臓から尿管に結石が落ちていて

尿管に引っかかって尿をせきとめている状態でした。

尿がせきとめられて、腎臓が腫れて腰痛がでて

結石が動く事によって腹痛が起こっていたみたいです。

両方の尿路を塞いでいるので腎不全になる危険性があるので

その日に尿路を確保できるように応急処置として

結石を尿管から腎臓に戻す手術をして

後日、結石を破砕する手術をするように勧められました。

学校では腎臓からの腰痛の勉強はしていましたが

実際に自分がなるなんて思っても見ませんでした。

これはこれで体や内臓のしくみを身を持って知る事ができた

貴重な体験だと今でも思っています。

それでは次回は結石を破砕する編を

その3で書きたいと思います。

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり | 記事URL

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30