ぬくもりからだ通信

2012年2月17日 金曜日

筋肉痛② 〔名古屋 本山 腰痛 骨盤 矯正〕

筋肉痛が起こる原因としてまず考えられるのが激しい運動でしょう。

ところが同じ運動をしても筋肉痛になる人とならない人がいます。これはなぜでしょう?

筋肉は伸び縮みによって力を発生しますが、これを筋肉の力つまりは「筋力」といいます。

この筋力は個人によって差が多く、その差によって筋肉の疲労具合が変化します。

また筋肉が負荷に対してどれだけ耐えられるかという持久力も関係するので

そのことによっても疲労具合が左右されることになります。

つまり筋肉痛が起こりやすい状況と言うのは

筋力+持久力 < 運動量

という状況になると起こりやすくなるともいえます。

もちろん色々な状況や環境によってこれは変化しますのでこれは非常に大雑把な考え方ですが

運動をあまりしていない人が、筋肉痛を起こすのはたいていこのケースに当てはまると思います。

では筋肉痛が起きる原因について述べましたが

次にその対処の仕方について説明いたします。


理想的な対処法としては運動後にストレッチなどを行い

炎症や熱感がある場合は冷却を施すのが良いようです。

これは運動後なるべく早く行う事で縮まった筋肉をほぐし

血行が改善され回復が早くなるようです。


なかなかそこまで出来ず実際に筋肉痛が起きてしまった

場合ですが、お風呂にゆっくりと入ったりホットタオルなどで

患部を温めて血行を良くすると体が回復しやすい状態になります。

そして周りの筋肉が硬くなっているのであれば

筋肉痛を起こしている筋肉ではなく周りの筋肉を

軽くほぐすのも良いでしょう。


あとは何よりも休息するのが大切です。

筋肉痛が出ている時には筋力が弱っている時でもあるので

回復を早めるために充分に休息をとるのが良いでしょう。


ある意味で筋肉痛は一番身近な痛みともいえますが

うまく対処すればそれほどつらいものでもなくなります。

むしろ筋肉を強化するためには必要な過程ともいえます。

上手に付き合って健康に役立てられるようになれば良いですね。


以上スタッフ阪野でした!!

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30