ぬくもりからだ通信

2012年6月15日 金曜日

胸郭出口症候群について 〔名古屋 本山 マッサージ 肩こり 手のシビレ〕

今回は少し耳慣れないかもしれないですが

肩こりなどが酷くなって病院に行くとけっこういわれたりします。


胸郭出口症候群とは、肋骨上部、鎖骨、首周囲の筋肉の緊張や

骨と骨との間隔が狭くなるなどによって起こる症状を指します。  
  
主な症状としては首や肩や背中のコリ、腕のシビレ、

腕のだるさなどが出る事があります。  
  
胸郭出口症候群は、以下のように分類に分けられます。  
  
頚肋症候群 、肋鎖症候群、斜角筋症候群、

小胸筋(過外転)症候群、第一肋骨症候群などです。  
  
これは原因となる位置を示しているともいえます。  
  
また原因となる器官で分ける事もあります。  
  
一つ目が神経型で90%以上がおそらくこれに

当たると思います。  次が静脈型、最後が動脈型です。  
  
いずれにしろ症状としては、ひどくなってくると鎖骨周辺に

ヒリヒリとした焼け付くような感じがしたり

二の腕から手の小指にかけての内側のラインの局所的な

痛みやシビレといった感覚異常が起こることが多いのですが

原因によっては感覚麻痺や力が入りにくくなったりするので

注意が必要です。  
  
普段から首や肩や背中のコリ感が強い人は

ひょっとしたら胸郭出口症候群の可能性もありますので

一度しっかりと検査してもらっても良いかもしれません。  
  
とくに動脈が原因である場合は、鎖骨下動脈の動脈瘤を

引き起こす場合が多いようなので

症状が酷く出ている場合には早めに検査をした方が良いでしょう。 


今日は肩こりから起こる、あるいは肩こりが症状として出る

胸郭出口症候群について書いてみましたがいかがでしたか?

気になる方は参考にしてみてください。


以上スタッフ阪野でした!!

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30