ぬくもりからだ通信

2012年9月22日 土曜日

秋の体調変化①〔名古屋 本山 マッサージ 足つぼ〕

九月も後半になりようやく涼しい風が吹くようになってきましたね。

朝と夜は少し肌寒い感じもします。

さて季節の変わり目であるこの時期、体調を崩したり

疲れがどっと出てくる方が多いようです。

前回の夏バテのところでも書いたのですが暑さが続くと

内臓の疲れがでやすくなります。

気温も低くなり体が秋仕様になってきますと老廃物は体外へ

出にくくなり体の中を巡るようになっていきます。

夏バテで内臓が疲労している状態から老廃物が体内を

巡るようになると強い疲労感を感じたり体調を崩すことが

多くなるのかもしれません。

最近やたら疲れが酷いという方は言わば「夏の疲れ」が

体を巡っている状態ともいえます。

この時期に足裏を押していると小腸あたりの反射区が

やたら硬くなっていることが多いのもこのことが

原因かもしれませんね。


さて体内を老廃物が巡り始めるこの時期はろ過装置である

腎臓の負担も増え、身体のだるさ、お腹の調子の悪さなどが

発生しやすくなります。

また朝晩の気温の低下から身体が冷えやすくなり筋肉も

縮みやすくなります。

これが片方だけ縮んでしまうような状態になれば身体が

歪む原因にもなってしまいます。

歪みによって首肩の凝りや腰痛などを引き起こし

やすくもなります。

そんなわけでこの時期は身体の内側からも

外側からも様々な症状が出やすくなるのです。


では次回にその対策を書いていこうと思います。


以上スタッフ阪野でした!

投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30