ぬくもりからだ通信

2013年8月24日 土曜日

手足の役割!!〔本山 マッサージ 肩こり 腰痛 足つぼ〕

こんにちは、池山です!

今日は普段皆さんがお世話になってる(笑)手足の役割について
書きたいと思います。

皆さんが知ってる手足の役割とは、指で物をつかんだり、身体を
安定させ歩いたりなどだと思います。

しかし手足の特に指にはそれぞれ役割があるんです。

まずは手の指から!!

手の指は大まかに分けて

①親指と人差し指の屈筋主体

②中指、薬指、小指の伸筋主体

の二通りに分けられるんです!

屈筋主体とは屈筋、つまり身体を曲げる時に働く筋肉が主体に
なるので、この状態になると姿勢が悪くなり、身体丸くなります!

伸筋主体とは伸筋、つまり身体を伸ばす時に働く筋肉が主体に
なるので、この状態になると姿勢が真っ直ぐになり、身体伸びます。

少し難しい話ですが、姿勢を正しくし、疲れにくい身体を作るには
伸筋主体のバランスにする必要があるのです!

手軽にこのバランスを変えるには指を使って変える事が出来ます。

姿勢を正しくするためには!

伸筋主体の状態にする必要があります。そのために手の薬指、
小指に力をいれます。そうすると脇が閉まり、身体がまっすぐ
伸びてきます。

これだけでも良いのですが、屈筋の緊張をほぐすと更によくなると
思います。親指、人差し指の緊張をとれば良いのです。

それには親指と人差し指を伸ばし、反らせるといいでしょう!

これだけでもバランスが変わり、首肩などの屈筋が緩み、
肩こりも楽になると思います!当然姿勢も良くなるでしょう。

身体のバランスは案外簡単に変わるのですよ!

続きは次回で!ではまたgood
















投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30