ぬくもりからだ通信

2014年5月23日 金曜日

泳ぐ事を見直しましょうその4!〔本山 マッサージ 肩こり 腰痛 足つぼ〕

皆さんこんにちは、池山です!

今回はいよいよ腕の回し方について書きたいと思います!

バタ足を練習して身体を浮かして、推進力を出せる様になってきたら
次は腕を使って本格的に泳ぎを覚えましょう(笑)

クロールの腕の回し方

基本的にはどの泳ぎ方も同じ回し方になります。『えっ、そうなの!』
と思うかもしれませんが、平泳ぎも途中までは同じなんですよ(笑)

①まずはプールに入り、立ったままの状態で両腕を前にしっかり
  伸ばしましょう!両手は重ねておきます。

②右手の肘を伸ばしたまま、まっすぐ下に腕を動かします。
  手の平は後に向けたまま親指が腿を擦るまで動かしましょう!

③そこからは親指を下に向けたまま、身体の横を通る様に回し
  ましょう。元に戻します。

  この回し方は非常に大事です。これが出来ないと中々上手に
  なれないんです。

 ☆間違った回し方の例
 
     腿までいった所からが大事で、意外と多いのがそのまま手を
   後ろに大きく回してしまう例です!

   『えっ、水泳選手も後に回してるでしょ!』と思う方も多いと
   思いますが、実は後には回してないんです。

   水泳選手は身体をローリングといって頭を軸にして回している
   から見た目上、後に回しているように見えるんですよcoldsweats02

   後ろに回すとなぜ駄目なのかというと、まず力が入りすぎたり、
   身体の軸が大きくぶれてしまうからなんです。

   親指を下にして回すのも脇をあけ、横から回しやすくするためhappy01

     これすごく大事なんでがんばって下さいね!ではまたgood


  







投稿者 隠れ家癒し空間ぬくもり

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30